量産小型セダンの先駆けの俊足クーペ / マツダ ファミリア クーペ, 1965年式(昭和40年)

後にマツダの量販小型車の主力となるファミリアは、1963年に商用車からスタート。

翌年にワゴンとセダンが追加され、65年には写真のクーペが加わった。

セダンとは異なる流麗さを持つボディだった。

走りにもこだわり、最高速度145km/h、0~400m加速18・9秒と、排気量1㍑のエンジンとは思えない高性能だった。