小型・軽トラックの四輪化の波に対応 / ダイハツ ハイゼットL35型, 1963年式(昭和38年)

軽三輪トラック・ミゼットの爆発的なブームの中、ダイハツは小型トラックの四輪化の兆しを察知し、1958年に開発に着手。

60年に発売したのが、ピックアップ型のハイゼットだ。低い重心で安定性に配慮し、乗り心地にも留意した。

発売半年で3千台の販売を記録した。翌年にはライトバンが追加された。