戦前の名残を残す優雅なリムジン / BMW 501 リムジン, 1953年式(昭和28年)

戦前からの伝統を持つドイツの自動車産業は、敗戦国ながらいち早く復興し、見事な車を造っている。堂々たる外観からは意外に思われるが、エンジンは戦前の傑作車326をベースにした1971CCだった。排気量は日本では小型車並みだが、最終的には3.2リッターまで増やされた。当時のドイツ大使の公用車は黒のB MW501だった。