いち早く前輪駆動を採用した車 / アルヴィス スピード20, 1935年式(昭和10年)

1920年代前半のアルヴィスは小型軽量のスポーツカーだったが、1925年この車の特色となる前輪駆動を他に先駆けて採用した。その動機は重量軽減を図るためだったという。30年代に入ると6気筒のファスト・トゥアラーへと転身を図り、そこで生まれたのがスピード・トウエンティーンで、ルーカスP100のヘッドライトが特徴だ。