軽三輪をベースに積載量を拡大 / マツダ T600, 1962年式(昭和37年)

軽三輪トラックであるK360の荷台を延長し、小型車クラスにしたのがT600だ。

エンジンは排気量を356ccから577ccに拡大し、出力を11馬力から20馬力へとアップ、最高速度は、時速75kmをうたっていた。

最大積載量が300㎏から500kgに拡大された荷台は、幌型やトランク型のほかにライトバンタイプもあった。