後輪駆動で空冷エンジン搭載のミニカ / 三菱 ミニカ スーパーDX, 1968年式(昭和43年)

 軽乗用車ミニカは、軽商用車三菱360をベースに開発され、1962年に登場した。

フロントエンジンの長所を生かした広いトランクルーム、乗降性に配慮した前開きドアが特色。

後部のデザインはリヤウィンドウが断崖状のクリフカットの形にした。エンジンは空冷2サイクルタイプを搭載した。

名前はミニカーにちなんでつけられた。