四輪進出のホンダ初の軽乗用改良版 / ホンダ NIIIカスタム, 1970年式(昭和45年)

1963年に四輪車へ進出したホンダは、67年にセダンタイプの軽乗用車N360を発売した。

コンパクトな空冷エンジンとFF(前輪駆動)方式で居住空間の広さを確保し、NⅡ、NⅢと小改良していった。

最終モデルとなったNⅢからスポーツタイプの「Z」も生まれたが、水冷エンジンを搭載した「ライフ」に世代交代し、消えていく。