ソ連が造ったジープです / ガズ 69A 4ドア軍用車, 1953年式(昭和28年)

ソ連製のジープは、第2次大戦中アメリカから供与された「ジープ」を参考に、1943年「ガズ67」が造られた。

その後継車として46年から「ガズ69」の開発が始まり、53年から量産し始めた。

2ドアの「69」と4ドアの「69A」があった。

ルーマニアと北朝鮮では、ライセンス生産された。愛称は「イワンジープ」だった。