最適サイズの「リッターカー」第1号 / ダイハツ シャレード, 1979年式(昭和54年)

1970年代に入り、排ガス規制の影響で一旦大きくなったエンジンは、オイルショックを経て小さくなっていく。

ボディーもコンパクト化した。

「全長×全幅=5㎡」が理想という考えのもと、ダイハツが新たに開発したのがシャレード。

FF(前輪駆動)方式で1000ccの3気筒エンジンを搭載し、「リッターカー」第1号となった。