トヨタ最後のボンネット・バス / トヨタ DB100 バス, 1965年式(昭和40年)

ボンネット・バス「DB系」は、1957年の「DB70」から始まり、64年フルモデルチェンジで「DB100」となった。

記号のDはディーゼル車、Bはバスを示している。同時期のFB系はガソリン車だった。

75年7月には生産を終了し、その後トヨタではバスを造っていないため、「DB100系」が最後のモデルとなった。