「羊の皮を被った狼」と呼ばれ人気に / プリンス スカイライン 2000GT-B, 1965年式(昭和40年)

1964年の日本グランプリ出場のため、グロリア用の6気筒エンジンを搭載して当初百台だけ生産されたが、レースでの人気を受け、65年に量産が始まった。

エンジンはレース用と同じ「三連キャブレター」を装着した。

その後シングルキャブレター車がGT-Aの名称に、三連キャブレターのこの車はGT-Bとなった。